わたモテ感想。喪144「モテないし名前を呼び合う」もこっちはバカだなあ尊い

ガンガンオンライン連載中のわたモテ(私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!)144話感想です。

タイトルは「モテないし名前を呼び合う」。「呼ぶ」じゃなくて「呼び合う」。タイトルからしてもうキてますね…… 

ゆりちゃんとうっちーは意外にうまくやれる

ゆりちゃん・うっちー「あ」

駅を出た所でゆりちゃんとうっちーが鉢合わせする所から今回の話は始まります。

……ゆりちゃんとうっちーって別に仲悪くないんですよね。

 

遠足でゆりちゃんが「行けば?」とまこっちをキバ子の所に送り出した時(喪129)は、

うっちー「…いいの?」

ゆりちゃん「……私は仲良くないから」

っていい感じで話してたし。

うっちーが酷い事をした(ダダこねてジェットコースター2回乗った挙句の『つまんなかった』)のは、腕を思いっきりつねったお仕置きでおあいこって感じでしょうか。

遠足の時はゆりちゃん機嫌悪かったのもありますしね。

根元さんとは二人で「クロ」「ネモ」と呼び合ってるのに自分には「ねぇ」な黒木さんのせいで。

 

ゆりちゃんとうっちーの会話はちょっとぎこちない感じ。

うっちーに話しかけられて「あっうん」「え?」と言ってからでないと会話が続けられないところにゆりちゃんの陰キャっぽさが出ています。

この辺はもこっちも同じです。慣れてない人やリア充っぽい人に話しかけられると、どもってしまう。

もこっちとゆりちゃんは似たものどうし。一緒だね……

ゆりちゃん

さて、GW(ゴールデンウィーク)に何をしていた?という話題。

ゆりちゃんが「……とも…黒木さんと一緒に…」と話そうとすると、コンビニからもこっちが出てきます。

もこっち登場の衝撃でうっちーにはゆりちゃんの台詞は聞こえていません。

うっちーは「空がきれいだね」と、ともかくクロキに話しかけます。もこっちが絡むと途端に不器用になる内さん可愛いです。

 

コンビニでジャンプを買っていたもこっち。

ゆりちゃん「…………。と…とも…」

うっちー「何買ったの?」

もこっち「あージャンプを…」

うっちー「ワンピース」

ゆりちゃん頑張っています。しかしクロキに夢中なうっちーのせいでゆりちゃんの声はもこっちに届きません。

もこっちに強がるネモかわ

学校。ネモともこっちもGW何やったかを話題にします。

ネモは勉強のほかに声優のレッスンも行っていました。初耳!

高二の時から週二で行っていたようです。その頃は誰にも話せなかったけど今はこうして気軽に話せるネモ。よかったね……

 

声優の話題が出たからか、大学見学時にネモが買ったエロゲ(大麻人)はもうプレイしたの?ともこっちが尋ねます。

エロゲプレイ中のネモ
大したことなかったネモ

ネモ「まぁ絵とか台詞とか少し気持ち悪かったけど大したことなかったね」

もこっち「へーーーーーー」

ネモのエロ耐性のなさを知っているもこっちはネモの反応に懐疑的。当たり!

 

エロゲなんて大したことなかったと強がって言い放つネモに、

もこっち「死ぬアニメはダメなのにエロゲはOKってドスケベなの?」

容赦なくツッコミます。友達に「お前ドスケベなの?」と聞けるもこっちって凄いよね……

自分の見ていたアニメ(人が死ぬやつ)を「私は嫌い」ってネモに言われていたことへの意趣返しでもあるのでしょうけど。

ネモ「っ!? …て、ていうかクロこそあんなゲームやってたなんて変態じゃん。女の子なのに」

ドスケベといわれて激しく動揺するネモが女の子らしくて可愛いです。必死になってやり返そうとします。

もこっち「いや、やるわけないじゃん。男向けのドエロゲーだし。ネットの情報で知ってただけだよ。まさか本気でやるとは思わなかった」

至極真っ当なことを言うもこっち。だけど酷いw

怒っているネモ

ネモ「へーーーーーー」

ネモの白目がほとんど無くなり眉も見えなくなり口元も歪んで怒りの表情。さすがのもこっちもびくっとします。

ネモ「そういう罠しかけてくるんだー。ふーん」

もこっち「い…いや別にしかけたつもりないけど……」

もこっちは自分がプレイしたともネモにプレイしろとも一言も言ってないですからね。表情で煽ったくらいで。

冷や汗かいてちょっとビビるもこっち可愛い…… 怖がりなのに怖いもん知らずな発言するもこっち好き……

チャンスをうかがうゆりちゃん

一方ゆりちゃんはもこっちと話したい(名前を呼びたい)。ネモクロの様子をうかがっていましたが隙がありません。

ゆりちゃんは無理矢理会話に割り込むような子じゃないですからね。

ゆりちゃん『まぁいいか……あせらなくても』

そう想いながらまこっちとは自然な挨拶を交わすゆりちゃん。

 

ジャンプを読んでいるもこっち。今度こそチャンス!

話しかけようとするゆりちゃんでしたが清田(きよだ)くんに邪魔されます。

清田くんは1学期の委員長で、席替えのくじに皆の名前を書いてもらっているのでした。

加藤さん「黒木さんの隣でいいから私の名前書いといて」

もこっち「こ…ここでいい?」

加藤さん「うん」

デフォルメ加藤さんのニコニコ顔が可愛いです。

もこっちは加藤さんと話す時にまだ少しどもってしまいますが、着実に仲は進展しています。

 

呼びかけるチャンスは去ったと感じたゆりちゃんはイヤホン装着で外界をシャットアウト。

うーん、陰キャ。そんなゆりちゃんが好き。

3-5の席替え結果とその後……

分かりやすい席順画像があったのでお借りしました。ありがとうございます。

もこっちは加藤さんや岡田さん(あーちゃん)、吉田さんやまこっちと仲の良いメンバーが近くに。

それに引きかえゆりちゃんは…… 

ネモに「クロも真子ちゃんも吉田さんも離れちゃって悲しい?」と言われて「別に」と答えてましたが、本当はネモの言った通り悲しかったでしょうね。

 

なおキバ子(南さん)の両隣がこみさんと二木さん。今後に期待せざるを得ない配置。キバ子×こみさんの化学反応はどうなるのか……

 

席替え後の清田くん、和田くん、岡さんの会話に1年の頃を思い出すもこっち。

もこっち『確かに一年の時こんな感じのあったな。あの時は地獄だったが……。今はまあ……居心地はそこまでよくないが耐えられる……』

3巻の喪19ですね。あの時も席替えの後で、もこっちの前が清田くんで、

清田「あ、黒木さんよろしくねー」

清田「やべー!俺黒木さんと初絡みだ!」

清田の友達「さっそくうぜー」

みたいなリア充会話のストレスで胃が蜂の巣になっていました。

今でも居心地はよくない所に相変わらずのもこっちらしさを、でも今は耐えられる所にもこっちの成長を感じます。

 

……清田くんは何気にもこっちのこと気に掛けてるっぽいんですよね。

清田くん「まぁ俺と黒木さんはずっと一緒(のクラス)だけど」とか「そういや黒木さんさっきジャンプ読んでたけど」とか。

たんにメチャクチャいい奴なだけとは思いますが、少し気になる描写です。

 

チャイムが鳴りました。ゆりちゃんは決然と立ち上がり、ツカツカともこっちの席を目指します。

もこっちは男(和田くん)と話をしています。ジャンプ話。

まこっちがゆりちゃんに声を掛けゆりちゃんも振り向きますが、強引に割り込むキバ子(わざとか?)に遮られます。

キバ子は新しい席がつまんない!とまこっちに愚痴愚痴。

ゆりちゃんがもこっちを振り返ると、いつの間にか出現していたうっちーが「ワンピース?」と話に加わっていました。

それ(ワンピースという単語)しか知らないけどクロキに絡もうと必死なうっちーが健気です

ゆりちゃんはまたまたチャンス喪失。

運命の昼休み。勇気を出して……

加藤さん、ネモ、岡田さんの三人
ニコ(作画)さん足フェチですよね。すばらしい

昼休み。

まこっち、ゆりちゃんに加え、ネモ、加藤さん、岡田さんも一緒にお弁当。

和田くんと何話してたの?とネモに訊かれ、大した話は……と答えるもこっち。

 

和田くんとは5分以上話していたようで、『今日だけでここ5年くらいの男との総会話時間軽く超えたな(弟のぞいて)』と考えるもこっち。

和田くんがショタっぽいから普通に話せた?

和田くんにドキドキしない自分にはショタ属性はない?

自分のようなチビとショタは相性が悪い。ショタにはやっぱりエロいお姉さん(=加藤さん)!

みたいな酷い連想ゲームで加藤さんをチラ見するもこっち。

敏感な加藤さんは即座に気付いて「何、黒木さん?」と話しかけます。ママぁ……

思っていたことをそのまま話す訳にもいかないもこっちは「い…いや、この前の青学よかったなって……」と取り繕います。

そのまま大学の話題を続けるもこっち達。

 

ゆりちゃんは機をうかがい、『すぅ』と息を吸い、勇気を出して、

智子と呼ぶゆりちゃん

ゆりちゃん「……と、智子は……千葉西受けないの?」

 

もこっち「え?」

もこっち「いや…やっぱり国立はムズいし科目多いし……学部もさ……」

素直に千葉西を受けない理由を答えるもこっち。ゆりちゃんももこっちも先生は向いてないよね。

ここのまこっちの表情もいいですね。『ゆりが私以外の子を下の名前で呼ぶなんて初めて見た!』みたいな驚きの表情。

そして、

もこっち「ゆ…ゆり……田村さんも私立受けてみたら? 結構いいよ」

ゆりちゃん大ショック! 信じられないアホを見る表情。

ゆりちゃん「受けない」

怒るゆりちゃん。もこっちはゆりちゃんが何故突然怒り出したのか分かりません。

もこっち「そ…そう」

もこっちの台詞が入っている吹き出しにも力がない。

まこっちは心配そうな表情、あーちゃんはやや怪訝そう、ゆりちゃん激おこ、加藤さんはミステリアス。

ネモのナイスアシスト!ほんまええ子や……

放課後。とっとと帰ってしまうゆりちゃん。

ネモは空気が読める子です。詳しいことは分からないけど色々と察したネモは、もこっちに声をかけます。

ネモ「田村さん先に帰ったよ。なんかクロのせいで怒ってるみたいだね。今から追いかければ間に合うから行ってみなよ」

ネモは本当に良い子ですね。優しい子です。そんな良い子に……

もこっち「なんか漫画とかドラマっぽい台詞だけどチャンスだから言いたかったの?」

その通りで図星だけど酷いw ついついネモを煽ってしまうもこっち。

ネモは「はぁ!? いいから行きなよ!」と照れながら怒りますが、もこっちにこんな風にあけすけに言われて内心嬉しがってもいそう。

 

青春っぽく走って追いかけるもこっち。下駄箱でゆりちゃんに追いつきます。

もこっち「あっ…ゆ…ゆりちゃん。一緒に帰ろう…」

ゆりちゃん「!」

『ゆりちゃん』と呼ばれたゆりちゃんは……

智子がバカだから

自分が受験大学を千葉西から別の大学にしたからゆりちゃんが怒っている、ともこっちは思っていました。だがそれじゃない。

ゆりちゃんが怒っている理由は、

『あの時……「ゆ…ゆりちゃ…」……って言ってくれたから、私も勇気出して名前で呼んだのに、名字で返したから』

そんな内心はとても言えないゆりちゃん。ゆりちゃんらしいです。

このゆりちゃんの内心の描写、繊細で少女漫画みたいですよね。かわいすぎる。

ゆりちゃんの「(怒ってる理由を)言いたくない」という言葉を聞いて、もこっちはゆりちゃんが怒っている理由を悟ります。

 

もこっち「ゆ、ゆりちゃんナプキンとタンポンどっち派?」

ゆりちゃん「は?」

もこっち「生理でしょ。くすり屋寄る?」

 

もこっちは最悪(最高)ですね!

たしかに女の子がいきなり訳も分からず怒り始めたら「生理のせいかな?」と思っちゃいますよね。勘違いですけど!

こんないいシーンでこんな最低なことを言ってしまえるのが実にもこっちらしいです。

ゆりちゃんは『ドン』ともこっちの肩に鉄槌を下します! そして、

はにかむゆりちゃん

ゆりちゃん「…と…智子がバカだからもういいよ」とはにかんだ笑顔になります。

もこっちは「は!?バカ!?」と訳が分かりません。

もこっちのバカな勘違いがあまりにもこっちらしくて可笑しくて、思わず笑顔になってしまったのでしょう。

『智子はほんとバカだなあ(でもそこも智子らしくて好き)』みたいな。

バカな所も含めてこそのもこっち。バカじゃなければもこっちじゃない。そんなバカなもこっちがゆりちゃんも大好き。

 

もこっち「そういやお昼のあれ何? 急に智子とか言ってきて恥ずいんだが…」

ゆりちゃん「! 恥ずかしくないよ。いつもの根元さんとのやり取りのほうが恥ずかしいでしょ。ネモクロっての」

 

お昼のとき智子って呼ばれて、もこっちも恥ずかしがってたんですね。まあ皆の前でしたからね。

いままで『黒木さん』って呼んでた子がいきなり『智子』って呼びだすと、周りは何かあったの?って思っちゃう。

ゆりちゃんともこっち以外は大学見学のアレコレ(もこっちが名前呼びしたこと)知りませんしね。

二人きりの時なら……って、お前らカップルかよ! 最高かよ!

 

そしてゆりちゃんもネモクロ呼びは恥ずかしいと思ってたんですねぇ。嫉妬まじりだろうけど!

尊い。はぁ尊い…… わたモテ尊いです……

喪143の感想はこちら

特別編(実質喪144.5)の感想はこちら

 

コメントする