わたモテ感想。喪154「モテないし球技大会を終える」卓球組(もこっち、ゆりちゃん、ネモ、加藤さん、二木さん)の打ち上げ!

ガンガンオンライン連載中のわたモテ(私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!)154話感想です。

「モテないし球技大会を終える」。とうとう球技大会もお開きです。もこっち率いる(率いてない)3-5は何位になったでしょうか?

扉絵は朱里ちゃん(ちん子ちゃん)、紗弥加ちゃんと別の女の子二人(クラスメイト?)。

朱里ちゃんはタオルで口元を隠して頬を染め、紗弥加ちゃんに何かを話しています。智貴のこと話しているのかな?

準決勝敗退。ゆりちゃんは勝利

準決勝の卓球対決。加藤さんの相手は卓球経験者でしょうか。

『ピシィ』と鋭い球を打つ相手に加藤さんが負け、3-5は準決勝で敗退しました。

加藤さん「ごめんね。せっかくみんな頑張ったのに…」

二木さん「相手が強かったし仕方ない」

ネモ「そうだよ。それにここまで残れただけでも充分だし

加藤さんも二木さんもネモも良い子ですね。それに対して……

智子と根元さんが負けたのが悪いし

ゆりちゃん悪い子! というのは冗談で、もこっちとネモ相手だからこそこういうこと言えるゆりちゃん可愛い。

もこっちとネモの二人以外には、こんなこと言える人ゆりちゃんには居ないんじゃないでしょうか?

まこっちや吉田さんでもこんな事は言わないでしょうし。

もこっちはもちろんですが、ネモとも距離が縮まってきてますよね。

あとゆりちゃん初勝利おめでとう! あのやる気ゼロな卓球していたゆりちゃんが勝つとは。

ザコ相手とはいえ、アクレシオでのイチャイチャ特訓が功を奏したのかも。良かったねぇ。

 

負けた加藤さんにもこっちは「あ…あの3位、決定戦もあるし…その…」と不器用に励まします。

もこっち優しい。たどたどしい励ましを理解して「そうだよね。ありがとう。次頑張るね」と答える加藤さんも優しい……

ソフトボール組も負け。悔やむこみさん

ソフト経験者の風夏ちゃん(名前判明!)にホームランを打たれ、呆然とするキバ子。なんだか可愛らしい。

このホームランが決定打となって、3-5は負けてしまいました。

こみさん「勝負を選んだ私の責任だ……歩かせるべきだった……

真面目に悔やむこみさんと違って、他のソフトメンバーは特に落ち込んではいません。

いやーおしかったなー」「まあこんなもんだろ」「かっくん負けちゃったー」と軽い感じ。

頭撫でられて笑顔の三家さん可愛い。彼氏のかっくんも笑顔です。

というか、かっくんは笑顔以外の表情を見たことありません。豚の餌を食べてる時でも笑顔で逆に怖い。もはや笑顔が貼りついているとしか……

表彰式。何気にうっちー

3-5の卓球組は敗者復活戦で勝利したようで3位。ソフトボールと男子バスケも3位で総合3位。

3-5を代表して表彰状を受け取るのは清田くん。

清田くんの参加したサッカーは1回戦負けでした。友達から「おい!1回戦負けした奴がなんで代表面してんだよ」と冗談交じりのヤジが飛びます。

岡田さんは「バカだー」と言いつつ楽しそう。この辺いかにも陽キャっぽい感じですね。

もこっち『途中まで勝ち負けどうでもよかったが、最後はまぁ勝ててよかったか。ちょっとだけ応援してる奴いたし……

応援してくれる人がいたし勝ててよかった。もこっちを応援してくれる人がいて、もこっちがこんな風に思える日がくるとはなあ……

で、うっちー。何事もなかったように応援してるよ! でももこっちは「キモい」って言われたことは忘れてないからな! 今後のうちもこに期待だな!

1位は3-6。風夏ちゃんと加藤さん

球技大会の総合1位は風夏ちゃんのいる3-6でした。

この風夏ちゃんと加藤さんは友達のようで、けっこう親しげです(名前も判明したし、風夏ちゃんも今後もこっちと絡むことありそう)。

加藤さん「おめでとう」

風夏ちゃん「ありがと。明日香、試合の時いなかったね」

加藤さん「私、卓球やってたから」

風夏ちゃん「あっそうなんだ。似合わないね」

加藤さん「そんなことないけどね

ここで「そんなことないけどね」って言うところ、加藤さんらしくてとても好き。

加藤さんの周囲からのイメージとギャップ

加藤さんは華やかな美人っていうイメージを周囲に抱かれています。

だから『地味なスポーツ(偏見)の卓球は明日香には似合わない』と風夏ちゃんは思って言ったのでしょう。

喪140(14巻)では眼鏡ちゃんに「加藤さん確かに青学って感じだね」と言われて「そう?」と返しています。

周囲は加藤さんに勝手なイメージを抱いているけど、当の加藤さん本人は『別にそんなんじゃないんだけどな』という感じですね。

もこっちも加藤さんに勝手なイメージ(パパ活してそうな女ランキング一位、ラノベ読むような顔じゃない、派手な女……)を抱いてましたが、今は違います。

志望校に受かるためにメッチャ頑張って勉強している真面目な人で、可愛いところもある普通の女の子だともこっちは知っています。

しかももこっちは普通言わないような本音(『私、実はド変態なんだ』など)まで加藤さんにさらけ出しています。

もこっちは優しい子だし、そりゃ加藤さんも好きになりますよね。かともこ尊いよぉ……

卓球組(ネモ、もこっち、加藤さん、二木さん、ゆりちゃん)で寄り道

このネモ可愛いな……

卓球メンバーを軽い打ち上げに誘うネモ。やっぱネモはコミュ力高い。

こういう風に軽く皆を誘えるところはすごい。もこっちやゆりちゃんにはまだ絶対無理ですからね……

ネモ「二木さんはOKで田村さんもクロが来れば行くって

二木さん意外に付き合い良いよね。ゆりちゃんは相変わらずだ! 

わたモテにみるコミュニケーション力の格差


すごいわかる。

コミュ力の低い人間はこういうの中々うまくできないんだよ! 

こういう暗黙知? こういう時はこうするのが当然みたいなの?

打ち上げや飲み会の時は、皆に飲み物が回って乾杯してから口をつける。そんな暗黙のルール。

経験の少ないコミュ障には難しいんだよなあ。すごいわかる(2回目)。

高校生で経験が少ないもこっちや二木さんがやってしまうのは非常によく分かりますね。

もこっち・二木さんに比べコミュ力が高いネモ・加藤さんはナチュラルにうまく振る舞えています。さすが。

ゆりちゃんは……なんなんでしょうね? とりあえず様子見てたのか、まこっちにしつけられたのか、智子に見とれていたのか……

金魚王国の崩壊の二木さん

乾杯しておつかれ様する卓球メンバー達。

運動のあとはお腹がすきます。フォカッチャをもぎゅもぎゅ食べる二木さん。

もこっちの心の声の元ネタは金魚王国の崩壊の水谷香歩ちゃん↓

『金魚王国の崩壊』第4話より

正直に言いますと、今回のわたモテ読むまで『金魚王国の崩壊』ってweb漫画のこと知らなかったんですよ。

試しに読んでみたら引き込まれて、全部読み終えちゃいました。

ユニーク過ぎて一言では言い表せない漫画ですが面白かったです。こういう漫画まで読んでるとは、もこっち守備範囲広い!

ゆりちゃんは精密動作性E

話を打ち上げに戻します。

ゆりちゃんがもこっちの為にピザを切り分けてくれました!

その切り分けたピザがこちら。

さすがゆりちゃん! ぶきっちょ! 

1つ前のコマでは『きい~~~~~ゴリゴリ』とパワー感あふれる擬音でピザを切っていたゆりちゃん。

やはりゆりちゃんは精密動作性Eの近距離パワー型ですね。お皿に傷ついてそうなパワー。ゆりちゃんを怒らせてはいけない……

対照的なもこっちとキバコ

始まる前は卓球とかどうだろって思っていたネモ、スポーツはそこまで好きじゃない(でも苦手じゃない)加藤さん。

でも二人とも『楽しかった』と球技大会を思い返します。

二人の会話を聞いたもこっちは、ネモや加藤さん、ゆりちゃんがもこっちに付き合って卓球を選んでくれたことを想います。

もこっち『私も付き合ってくれたみんなの為に頑張ればよかったか? もう少し練習して勝ちにこだわれば優勝できたかも……」

もこっちは本当に御恩と奉公っていうか、自分に良くしてくれた人には何か返そうとしますよね。

この辺り、キバ子とはキレイな対比になっています。

いまだにキバ子に優しいまこっち、「いぃーっひっひっひっ!!」前まではいつも気に掛けてくれていた加藤さん。

キバ子はこの二人に対しても何も返さない、いや、何とも思ってないように見えます。

何かしてくれたら絶対お返ししなければならない!っていう訳ではないですが、優しくしてくれて当然!と思っていると段々とヤバい状況になっていきますよね。

誰もかまってくれなくなるぞキバ子…… いつかまこっちに愛想つかされたりするんじゃないか…… 今後のキバ子が楽しみです。

二木さんも楽しかった。ゆりちゃんは……

もこっちが色々考えてる横では二木さんが話しています。

二木さんが卓球を選んだのはチームプレイが苦手だったから。でも、

二木さん「こうやってみんなと力を合わせて何かをしたのは初めてで楽しかった」

二木さん「3位でもよかったが、これが最初で最後だと思うと優勝したかった

二木さんの素直な言葉に加藤さんともこっちは心を打たれた様子。

このコマには映ってないけど周りの皆もきっとそう。

と思いきや、ゆりちゃんはマイペースで間違い探しをしていました。

ゆりちゃんがゆりちゃん過ぎる……

それガキかクソ暇な奴がやるやつだろ!!』(ここ最初はセリフかと思ったけど心の声ですね。心の声を表す小さい白い丸丸が無いから勘違いした)と、もこっちがゆりちゃんに強い眼差しを向けていると、

ゆりちゃん「真子と来た時よくやってるから

えぇ…… まこっちと二人でサイゼ来たら、ゆりちゃんが無言で間違い探しやってるのをまこっちがニコニコ見つめてるのでしょうか?

まこっちとゆりちゃんはもう家族(母娘)ですね。この二人って幼馴染か何かかな。二人の馴れ初めや過去の話も読みたい。

ゆりちゃんも

もこっち『こいつ仲良くない相手だと空気読めなくなるな。不思議ちゃんみたいな行動取りやがって

もこっちも昔はもっと空気読めなかったよな……と一瞬思ったけど、昔のもこっちはそもそも打ち上げとかに参加できなかったですね。仲良くない人とは話す機会すらなかった……

修学旅行前は学校で誰かと話をすることすらほとんどなかったもんなあ。思えば遠くに来たもんだ。

二木さんですら真面目なこと言ってるんだから空気読めよと心中で毒づくもこっち。もこっちが空気読め!っていう側に回るとはな……

この加藤さんやけに可愛い……

もこっちの心中など露知らず、間違い探しの紙を真ん中に置いて皆が見えるようにするゆりちゃん。

流れを気にしないゆりちゃんです。ゆりちゃんは同調圧力に強い!

いい話の流れをぶった切って空気を全く読まないゆりちゃんに、さすがのもこっちも冷や汗。

そこに不意に、

ゆりちゃん「……みんなでやる球技大会は最後だけど、多分このクラスならこれからもまたみんなで何かやったりすると思うよ。私はどうでもいいけど

「私はどうでもいいけど」って最後に加えちゃうところが最高にゆりちゃんですね!

ゆりちゃんの思わぬ発言に皆びっくり。加藤さんはにっこり?

ここネモの表情が見たい過ぎる…… 見せようと思えば見せれたはずですよね。隣の二木さんみたいに。つまり故意に隠した?

いつもマウントばっか取ってきてたクールゆりちゃんのこの発言にネモはどんな顔してただろう?

びっくり顔? 呆然とした後に笑顔? う~ん、気になる。

それにしてもゆりちゃんがいつもの三人以外の前でこんなこと言うなんて…… 少しづつ少しづつ、みんな変わっていっているのでしょうね……

 

ゆりちゃんが最後を持って行っておしまいの喪154でした。

 

ゆりちゃんは仲の良い三人(もこっち、まこっち、吉田さん)以外にはかなり無関心ですよね。

でも今回の話をみても、ゆりちゃんも他の人達に全く何も感じていない訳ではないんですよね、きっと。おそらく。たぶん。

そもそも最初はもこっちにも無関心だったしね。

仲の良い人達との関係に閉じこもるのが悪い訳ではないですが、別れが突然訪れることだってあります。

ゆりちゃん以外の三人(もこっち、まこっち、吉田さん)は他にも人間関係を作ることができていますし、将来を考えるとゆりちゃんももう少し……

まぁゆりちゃんが社交的になったら『誰だお前!』になるんですけどね。

もこっちに依存気味のゆりちゃんが可愛くもあるし……ゆりもこ……

 

今回は11ページでしたね。まだ単行本作業の影響があるのかな。次回(3週間後!遠い!)は14ページに戻っていて欲しいな。面白かった!

喪153の感想はこちら

喪155の感想はこちら

 

“わたモテ感想。喪154「モテないし球技大会を終える」卓球組(もこっち、ゆりちゃん、ネモ、加藤さん、二木さん)の打ち上げ!” に4件のコメントがあります

  1. お邪魔します。

    何か、ずいぶん大急ぎで話を畳んだなあという気がします。
    結局、吉田さんや真子たちソフトボール組はほったらかされたままでした。
    雫もうっちーもさんざん前振りしたわりには一コマで済まされちゃってますし、このあたりは今後に持ち越しでしょうか。

    ただ、今回の話では、掲示板の関連スレなどがかなり荒れてますね。
    ゆりがピザを切り刻む行為が「やりすぎ」「異常行為すぎてギャグとして成立してない」と言われてるようです。

    あと、打ち上げ会の場面で智子が所謂「キョロ充」になってしまっているのが嫌、という意見も多かったです。
    かつて蔑視していたキョロ充に自分がなってしまっている、という皮肉として意図的に描かれたのかも知れませんが。
    前回、今回と、智子の活躍がほとんどなかったのも不満だったようです。

    球技大会編が始まってからずっと描かれていたのが「智子がいろいろと気を使うんだけど、結局上手くいかなくて失敗する」という展開でした。
    雫との練習、花冠、うっちーへの対応などなど。
    打ち上げ会でも一番気を使ってない(ように見えた)ゆりが二木さんへのフォローをして最後を持っていくというオチ。
    (これも関連スレが荒れている原因のひとつです)

    今後、智子にさらなる変化を促すための溜めというか前段階なのかも知れませんが、個人的に球技大会編は読んでて盛り上がらないというか、あまり楽しい内容ではなかったですね。

    あと、打ち上げ会の場面で智子がストローを噛み潰しているのが気になりました。
    みんなを付き合わせてしまった、真剣に勝とうとしてなかったなどと気にしてたし、ネズミー編の茜みたいに、あまり良い心理状態じゃないのかなと。
    智子がゆりに苛立ちを募らせている描写もあったので、今後、智子とゆりの間に軋轢が生じる前振りではないかと予想している人もいました。

    次は三週間後なので、気長に待つことにします。

    返信
    • こんにちは。

      書き込みを見て球技大会編を読み直してみましたが、
      確かにもこっちの活躍やカタルシスが足りない展開だったかもしれませんね。

      球技大会編はじまりの喪149での雫ちゃんとの会話では、
      ぼっちだった頃の自分(もこっち)のことやターニングポイントの修学旅行をもこっちが思い返しています。
      そして今江先輩と自分、自分と雫ちゃんの関係を重ねあわせています。

      そこから喪150~喪153では、毎回毎回昔と現在の比較が入っています。
      わたモテは前触れなく一度の衝撃的な出来事でキャラが成長することはないので、
      もこっち達が昔と比べてどのように変わっていっているのかを丁寧に丁寧に描いていっているのでしょう。

      そして今回喪154では周りに合わせようとし過ぎたせいか、もこっちはほとんど会話に入れていません。
      噛み潰されたストローが象徴的ですが、もこっちの成長や変化に伴う軋みみたいなものを感じました。
      もこっちが苦しみもがきながら成長している証(ちょっと大袈裟ですが)なのかなと。

      もこっちが成長して普通の女の子になってしまったら蠱惑的な魅力も激減してしまうので、
      もこっちの成長を描くのはメッチャ難しいんだろうなとも思います。

      おっしゃる通り、球技大会編は今後の展開への布石や溜めっていう側面が大きかった感はありますね。
      毎週がクライマックスで盛り上がるような展開を期待した人たちには不満が残ったのかもしれません。

      でもたぶん、この辺の布石を生かした大きい話が今後やってくるんじゃないでしょうか?
      『この話をやるための球技大会編だったのか!』ってなるような凄い話。そんな話を期待して次を待ちたいと思います。
      3週間長い……

      返信
  2. 更新お疲れ様です。
    球技大会は~が始まるとかじゃなくて、先輩になるからなので続きものというよりダラダラ続いた印象を受けました。
    雫ちゃん回、ゆりちゃん回、うっちー回、いとこみ回と面白かったので個人的には満足です。
    ただ繋ぎの花冠回は視点が飛ぶので、全体としてそんな印象あるのでしょう。
    あとこみさんは私は好きなのですけど、苦手な人は苦手だから、ね。

    加藤さんは漫画だとあんまり出ないキャラのような気がします。スポーツ得意だけどあんまり好きではない。普通は風夏さんのように得意なら好きな人多いですからね。
    ある意味こみさんとは対称的だと思いますね。
    加藤さんの場合、誰に対しても何も言われないようにステータス上げているように感じるのに対して、こみさんはできないならできる範囲でやるって感じがします。
    今回は金魚王国の崩壊で笑ってしまったので、他の感想吹っ飛んでしまった感じですね。
    そろそろゆうちゃんが出てきて友モテの話もみたいですね。
    3週間ですか。まだ更新されてないわたモテの感想サイト巡っていればすぐのような気がします。
    それでは失礼いたしました。

    返信
    • こんにちは。返信遅くなってごめんなさい(コメントがあったらメールで知らせてくれるはずなのですが機能してませんでした……)

      雫ちゃん回、ゆりちゃん回、うっちー回は私も好きですね。
      いとこみ回は面白かったけどもうちょいボリュームが欲しかったです。

      球技大会編はそれなりに長かったけど、1本のストーリーというよりは球技大会を通してそれぞれのキャラクターを描くという感じでしたね。
      もこっちが自虐的だったり空気を読もうとし過ぎていたりする所は今後の布石なのだろうと思います。たぶん一波乱ある。

      それにしても加藤さんもそうなのですが、わたモテのキャラはテンプレ的なキャラが少ないですね。
      ちょっとテンプレっぽいのは吉田さんくらい(純情ヤンキーで本当は優しい)で、どの子も一癖二癖あって個性的。
      ~~みたいなキャラ、っていうのが無い。あまり登場していないキャラでもそう感じられるのが凄いです。

      気がつけば次の更新まであと1週間とすこし。楽しみです。

      返信

コメントする