わたモテ感想。喪160「モテないし謹慎最終日」ご機嫌な加藤さん可愛らしい。もこっち良い子!まこっちも普通の良い子!

ガンガンオンライン連載中のわたモテ(私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!)160話感想です。

タイトルは「モテないし謹慎最終日」。もこっちと吉田さんの謹慎もとうとう最終日。

 

今回は扉絵ナシ。もこっちと智貴の登校風景からお話が始まります。

もこっちと智貴は良い姉弟

智貴はサッカー部の朝練で毎朝早く出てる様子。

もこっちも通常の謹慎日より最終日はさらに早いようで、ちょうど智貴と一緒に登校できるようです。とももこ!

お姉ちゃん(もこっち)の歩くペースを気づかわずスタスタ先に行ってしまう智くん。距離感が普通の姉弟っぽい。

もこっち「待てよ!お姉ちゃんと一緒に登校できる最後のチャンスだぞ」

智貴「そんなチャンスいらねぇし。いつもこのペースで歩いてんだよ」

もこっち「まじで?サッカーから競歩転向考えれば?」

「付いてくんな!」とは言わない智くん。昔のもこっちは願書とかで酷いことしたのに、やっぱり優しい弟です。

 

そのまま一緒に電車に乗って学校へ。部活へ行く智くんとは校庭(中庭?)で別れます。

もこっち「部活頑張れよ」

智貴「いやお前が頑張れよ…謹慎……」

弟に構いたがるお姉ちゃんもこっちいい……小動物的で可愛い……。二人の登校風景になんかキュンときました。

この二人はもう普通に良い姉弟ですね。拗らせたクソガキだったもこっちはもういない。一抹の寂しさを感じます。

最終日の生徒指導室

微笑みの爆弾ではないですが、厳しい人が不意に見せる笑顔はいいですね……

もこっちは褒められても「あ…どうも」と汗だく。成長はしてももこっちはまだまだもこっちです。

もこっち「今日で一週間…ようやくこの生活も終わりか……」

一週間が長かった……とばかりのもこっちのモノローグで場面転換。もこっちを待ってる皆のシーンへ。

ゆりまこ迎えにいく?

まこっち「今日で吉田さんと黒木さんの謹慎解けるね」

吉田さんの名前が先に来てるあたりまこっちらしくて芸細かい。

まこっち「迎えに行く?」

ゆりちゃん「別にいいけど」

まこっち「え?どっち?」

ゆりちゃん「行くけど」

ゆりちゃんは相変わらずマジゆりちゃんですね。

まこっちならゆりちゃんの「別にいいけど」で全て了解しそうな気もしたけど、いつもそうはいかないか。

冷静に考えたら「行く」「行かない」を聞いてる質問に「別にいいけど」って答えになってないしな。

この「別にいいけど」は行くのが前提で別に行ってもいいけど、みたいな意味だろうけどゆりちゃん語は難解……

あーネモ加藤さんも迎えにいく?

あーちゃん「あーそっか。黒木と吉田今日で終わりかー。それで陽菜も明日香も残るのか」

あーちゃん(岡田さん)はホント常識人で安心感ありますね。

もこっちの謹慎が終わるのを毎日指折り待ったりせず「ああ今日で終わりだったんだな」と今軽く気づく感じがいい。

そしてフランクな「陽菜」「明日香」の名前呼びも好き。もこっちと吉田さんを「智子」「茉咲」と呼ぶ日はくるのだろうか。あーちゃんの出番ももっと欲しい。

今日が謹慎終了日と聞いて一緒に残るあーちゃんは義に厚い良い子。

上機嫌の加藤さん。風夏ちゃんは惑乱が継続……

三人(加藤さん、ネモ、あーちゃん)が喋り歩いている(あーネモが楽しそうで良き)と、風夏ちゃんと成田美保ちゃんに出くわします。

あーちゃんとネモに先に戻っててと促す加藤さん。風夏ちゃんに話がある加藤さん……

加藤さん「この前はゴメンね。ちょっと考え事をしてて。嫌な態度を取ったでしょ?」

さすがのコミュニケーション力! 感情的になって嫌な態度をとってしまったことをフォローする加藤さんです。

この辺りはカースト上位というかリア充っぽさがありますね。陰の者なら「もうどうせ今さらだし……」とか何とか言い訳して放置してしまいそう……

 

「こっちこそ変なこと聞いてゴメン……」と謝る風夏ちゃん。仲直り。わたモテのキャラは基本的に皆いい子たちです。美保ちゃんは察して先に行ったのかな?

『変なこと聞いて』に反応して「確か黒木さんが私の胸をさわったかだっけ?」と話す加藤さん。

風夏ちゃんは「もう忘れて。くだらないこと聞いたわ」と流そうとしますが……

加藤さん「さわってないよ」

『フフフ』と良い笑顔。加藤さん上機嫌。好きな友達(もこっち)と久しぶりに会えるから舞い上がってる感が可愛い。加藤さんはやはり妹属性っぽさがあります。

一方『さわってない』と聞かされた風夏ちゃんは「そりゃそうだよね……」と答えつつも心の中では『あれ…!?なんで私ガッカリしてるんだろ…!?

さわられてて欲しかったんか!? 加藤さんがもこっちにおっぱいさわられてて欲しかったんか!?

とイジワルするのは止めて、『さわってないよね?』『さわってる訳ないよね?』『さわってるハズないでしょ。でももしかして……』みたいな二律背反の訳わからん感じというか、『押すなよ!絶対押すなよ!』で実際押されなかったらちょっとガッカリする感じというか……

謎の期待感ってあるよね。ああいうのではないかと思います。

蠱惑の初期症状かもしれません。それか単に風夏ちゃんがエロいだけかも。

 

そんなガッカリ風夏ちゃんには構わず加藤さんは上機嫌でもこっち話を続けます。

加藤さん「でもそういえばあの後黒木さんがね……ぷ…。私の毛さわりたいって。それで私。…ふふふ。あはは! ふふふ。私勘違い…あっごめんね。もう時間だね。またね」

風夏ちゃんをパンパンしながら上機嫌で喋る加藤さんがひたすら可愛いらしい。自分も加藤さんにパンパンされたいです!

チャイムが鳴って途中で話を切り上げる加藤さん。でんもこの話の切り方は酷いよ加藤さん!

ここの『毛!?』『え!?毛…!?』めっちゃ笑った。間の取り方がうまい! 繰り返しはお笑いの基本!

でも風夏ちゃんがこんな風に気になってしまうのも分かります。『毛』てなんやねん! 気になるやん最後まで話してよぉ!!!

『髪』と言うか『毛』と言うかで印象が全然変わりますね。日本語おもしろいです。

校長先生と親子面談もこっち

場面は再び生徒指導室へ。

オギー「お母様方がおみえになりました」

校長室へ移動。親呼び出しで校長室って怖いな。ビビる。

吉田、襟ちゃんと直しなさい」っていうオギーが教師らしい。まあ校長先生と話すんだし目上の先生もいるし堅くなるのは当たり前でしょう。

校長室。校長室ってなぜか大体黒革のソファーあるよね。来客をもてなす定番だからか?

吉田さんのお母さんは若いなあ! スーツが似合う美人! 吉田さんは母親似だなあ。

人生で初めて校長室入ってきょろきょろするもこっちかわゆ。

校長「なめるな」

校長先生から今の気持ちと今後どうしていくかを聞かれて焦るもこっち。

普段会わない校長先生にいきなり尋ねられたらそりゃ焦るわ。そして、

校長「なめるな」

もこっちの妄想は毎度楽しい(おかしい)ですね!

バイク通学で処分くらったのに「これからもバイクで通学したいです」とか言ったら怒られるのは当然ですが、「なめるな」という短いセリフとともに湯呑みでゴスン!

インパクトでかくて笑っちゃう。湯呑みから湯気出てるのがまた笑いを誘う……

もしかして笑顔で人を殺せる別世界の人間かもしれんし……』とか、漫画やゲームいっぱいやってるもこっちらしい妄想です。

こぼれた本音

妄想は妄想でおいといて、ふざけず真面目に答えるもこっちです。

もこっち「い、一週間教室に行けなくてつらかったです」

校長先生「どうして教室に行けないのがつらかったのでしょうか?」

もこっち「へ? え…えーと。な…なんでしょうね。友達に会えないから…? ですかね…」

思わず口をついて出た言葉って本音っぽい。

教室に行けなかったのがつらかった。なぜならそれは友達に会えないから。それがもこっちの本音。

一年生、二年生の時あんなだったもこっちがね……そもそも学校に友達ひとりもいなかったもこっちがね……

感慨深いです。

もこっちの答えに校長先生の感想はナシ。吉田さんも同じように聞かれますが答えるシーンはスキップ。吉田さんのことだから反省文の時みたいにうまいこと答えたのでしょう。

ク●ニ犬ふたたび

中庭でしょうか。杏奈ちゃんと麗奈ちゃんが話している(杏奈ちゃんの「くっくっく」笑い好き)と、もこっち似のク●ニ犬が通りかかります(14巻喪142で吉田さんにク●ニしたアレ)。

そこに雌猫組の友人たちに送り出されるうっちーがやってきます。

うっちーの友達もいい子揃いですね。

がんばってねー」とうっちーを送り出す眼鏡さん好き。好きな子に素直になれない友人を応援している感。

うっちーはもこっちに謝りに行こうとしているんですね。そこでもこっち犬と遭遇。

うっちーはもこっちっぽいモノに出会うと思わず「キモ(い)」と言ってしまう体質。もこっち似の犬を見てまた「キモ!? なにこの犬!?」と言ってしまいます。

喪152でもこっちに思わずキモい(褒め言葉)と言って傷つけたことを一応反省はしているようで、もこっち犬を見ながら『キモくないキモくない。かわいい…かわいい……キモかわいい』と念じるうっちー。

もこっちの友達が大集合

杏奈ちゃん麗奈ちゃん、犬にペロペロされて「うあぁあぁキモいいー」と絶頂しそうなうっちーのいる中庭に、ゆりちゃんまこっち、そしてネモあーちゃん加藤さんまで集まってきます。

ここで待ってたら会えるだろうけど一応連絡しようとするネモに、既に連絡済みの加藤さん。

「あっ…そうなんだ」というネモの返答の「…」がほんの少し引っかかります。

 

加藤さんとネモの関係も興味深いです。

あーちゃん加藤さんは凄く仲良いけどネモと加藤さんは微妙。決して仲が悪い訳ではないけど親友とかでもない。

お互い親友の友達同士という感じでやや距離がある。

加藤さんの四角四面な所と、もこっちと悪友のように煽り合いたいネモの性分が相性悪い感じ。

何かきっかけがあれば口論になりそうな……まあ今のもこっちなら大事になる前に収めてしまいそうですけどね。

そして次のコマ。

このコマ一瞬分かりにくかったです。

「あーちゃん、吉田さんには連絡した(?)」ってネモがあーちゃんに聞いてるんですね。

?が無いのとコマにあーちゃんが映ってないので少し戸惑いました。

そしてまこっち!

まこっち「あっ私がしたから大丈夫だよ」

ぴくっとしたゆりちゃん「まこ私には連絡するなって言わなかった?」

まこっち「あっうん。でも今日は最後だし」

全く焦らず悪びれず、さらっと答えるまこっち。いいですね……

まこっちだって普通の女の子

喪157の謹慎初日。「ゆり、さっき先生に言われたばかりでしょ。連絡とっちゃダメだって」とゆりちゃんを諫めたまこっち。

まあこのシーンは速攻で堂々と教室で連絡し出すゆりちゃんが悪いとは思います……

喪158も謹慎初日ですが、この時点で吉田さんにはすでにラインしていたまこっち(もこっちには連絡ナシ)。

喪159の謹慎4日目には吉田さんの進路相談にのっていてパンフレットまで読んでいて、夜にはラインで「吉田さんだけの問題じゃないんだよ。一人だけで決めないで」と送ってるまこっち。

このへんの描写から2日目、3日目とかも毎日吉田さんとラインし合ってたと推測されます。そして今回も吉田さんに連絡済。

ゆりちゃんには「連絡とっちゃダメだって」と注意していたまこっちですが、そこは本音と建前。まこっちにだって、良くないと分かっていても連絡したい人がいるのです。

 

まこっちが真面目でとても優しい子なのは間違いないですが、聖人君子とかではない普通の女子高生なのも間違いない。

皆そうですが、誰だってダブルスタンダードしまくってます。他人にちゃんとしろ!と言ってる人が自身はちゃんとしてないなんてザラ。

漫画の良い子キャラはそういうダブスタもなく一点の曇りもない良い子キャラに描かれることも多いですが、まこっちは違います。等身大の女の子な感じで人間臭いです。

そもそもまこっちって、バレンタインのチョコでゆりちゃん用ともこっち用で明確な差をつけてたりしてましたしね。

12巻喪112より

好きな友人とそれほどでもない友人とで態度に差があるのは今に始まったことじゃない。

それでもキバ子みたいな嫌な子(13巻喪124で『南さんみたいだったよ』とゆりちゃんに注意してるし、キバ子の振る舞いを好ましく思っていないのは間違いない)に付き合うまこっちは滅茶苦茶優しいと思いますけどね。そのうち見捨てられる時が来そうで怖いですが。

まこっち、いいですね。前々から端々で描写されてはいましたが、最近本格的に掘り下げられてきて良いキャラになってきました。

ゆりちゃんキバ子まこっち絡みのお話が近いのかな。楽しみ。

杏奈ちゃんむちむち優しい

話戻って中庭の杏奈ちゃん麗奈ちゃん。ネモやゆりまこを見た杏奈ちゃん達は、

杏奈ちゃん「あいつら茉咲と黒木のダチだなー。よく一緒にいるし」

麗奈ちゃん「あー何人か見たことあるなー」

杏奈ちゃん「まあよかったよなー」

麗奈ちゃん「あー? よくねーだろ。謹慎してんだから」

杏奈ちゃん「まあそうだけどよー」

ここの杏奈ちゃんの「まあよかったよなー」は、吉田さんのことでしょうね(もこっちの事も少し含んでるかな?)。

推測ですが、吉田さんの性格をよく知ってる杏奈ちゃん(家庭の事情も知ってるのかも)は吉田さんのこと心配してたんじゃないかな。

吉田さんはああいう性格だし、周りには怖そうって思われてるし、杏奈麗奈以外は友達いなかったんじゃないでしょうか。以前は学校ももっと休みがちだったし。

それが今では自分たち以外の友人ができていて学校も来るようになって……杏奈ちゃんはちょっと安心したんじゃないかな。

杏奈ちゃんめっちゃいい人感ありますよね。好き。むちむちボディだし。

吉田さんはお母さんと確執アリ?

校長室での指導終了。

吉田さんママがもこっちママに「すみません。うちのバカのせいで」と謝ります。もこっちママは笑顔で「いえいえこちらこそご迷惑かけて」。

母達を見る吉田さんの視線と「………」が意味深。やはり親子関係で何かあるのは間違いなさそう。

吉田さんママはスーツ似合ってるし、バリバリのキャリアウーマンであまり吉田さんに構ってあげられなかったとか? 家庭環境はそこまで掘り下げられないだろうし想像するしかないですね。

吉田さん「じゃあ私は先行ってるわ」

もこっち「う…うん?」

もこっちの戸惑う返事。

吉田さんママ「あっコラ!待ちなさい!茉咲!!

お母さんと一緒に帰りたくなかったんですね。思春期の子なら普通ではあります。もこっちがお母さんと仲良く歩いていくのと対照的。

こういうところ、もこっちの美点だよなあ

歩きながらスマホをチェックし、友達が待ってることに気づくもこっち。

もこっち「あっお母さん。友達待ってるみたい…」

もこっちママ「え!? そうなの。じゃあ早く行ってきなさい!」

もこっち「う…うん」

たったったっと友達の元に駆けていくもこっちですが、ふと途中でお母さんを振り返ります。

もこっち「えーと…ごめん謹慎になって…。それで学校に来させて…」

可愛い!!!

もこっちママ「……いいから早く行きなさい。ご飯いらない時は早めに連絡してね」

もこっち「う…うん」

こういう所で謝れるもこっち凄い! いい子! 可愛い! 飼いたい!

この最後の1ページメチャクチャ好き。情感あふれるというかエモいというか、とにかくイイ……

 

もこっちママ『謹慎になったことより心配してたことがあったけど……』

喪90(10巻)でオギーから学校のもこっちが「授業以外では大人しく一人でいることが多いようです」って聞いて、もこっちママはずっと心配していたんでしょうね。

それが今では待ってる友達がこんなに……もうきっと大丈夫……

この最後のコマ最高! 最終回感ある……

もこっちを優しい目で見る吉田さん、謹慎明けの二人をコーラで祝う杏奈ちゃん。ほんの少し口を綻ばせる麗奈ちゃん。

こういう時は表情を(読者に)見せないゆりちゃん。まこっちもちゃんともこっちを見てる。

嬉しそうなネモと加藤さん。あーちゃんは表情見えないけどきっといつもの「よかったな」みたいな顔でしょう。

しみじみとする締め。すばらしいです。

 

なおうっちーは最後のコマにいませんでした。もこっち犬にペロペロされ続けてるのかな? お前いつ謝るんだよ! 楽しみなんだよお!!

 

謹慎編が終わりました。今更ですがもこっちはもうホントにぼっちでも何でもないですね。

でもそれが嫌味じゃなくて、良かったねえと祝福できるのがいいです。自分を含め読者はここまでの厳しい道のりを見てきてますからね……

 

さて、次回はどうなるでしょうか。もこっちに久しぶりに会った皆の反応とかなのでしょうが……全キャラ10ページずつくらい読みたいなあ(無理)。

来週も楽しみです。今回もめっちゃくちゃ面白かった!!

 

喪159の感想はこちら

喪161の感想はこちら

 

“わたモテ感想。喪160「モテないし謹慎最終日」ご機嫌な加藤さん可愛らしい。もこっち良い子!まこっちも普通の良い子!” に2件のコメントがあります

  1. お邪魔します。

    秋に発売予定の16巻に収録されるのが、おそらく今回の話までだと予想されるので、あの最終回っぽいラストはコミックスの最後にもってくるためなのかなと思いました。

    犬にかまけて(?)ラストシーンで不在だったうっちーのその後は、たぶん16巻のおまけで描かれるんじゃないかと。
    「あーちゃん(、)吉田さんには連絡した(?)」の部分もコミックスでは修正してほしいですね。

    他のサイトでも考察されてましたが、校長先生との対話で智子がつい「友達に会えないから」と言ってしまったのは、前話で誰もいない教室に行ったことが影響してるんでしょうかね。

    黒木さんがいないと不機嫌、帰ってくればご機嫌と、加藤さんはすっかり「黒木さんファースト」なキャラになってしまいましたね。
    風夏も振り回されっぱなしで不憫です。(球技大会での強キャラ感はどこへ…)

    そういやGoogleに「まこっち」と入力すると、関連項目に「裏切り」って出てきます。
    あんまりだ…。

    次からはどんな展開にするんでしょうか。
    さすがに「モテないし帰るまでが謹慎」とかはやらないと思いますが。

    返信
    • こんにちは。返信遅くてすみません。

      あのラストシーンがちょうど16巻の最後になりそうなんですね。なるほどー。
      でも喪161でそのまま続いちゃいましたね。ちょっと予想外でした。

      もこっちも昔は誰も居ない教室でぼっち飯していたりもしましたが、今ではもう友達がいないと寂しい……ってなっていますね。すごい変化です。
      加藤さんももこっちのおかげで変化していっていますが、これからどうなるのかまだまだ予断を許しません。
      まこっちは修学旅行のアレのおかげで色々言われてますが(でもアレがなければもこっちと友達にもなっていない)……今後のまこっち回を待つしかないですね!

      返信

コメントする